コピー機はヨーロッパではそう呼ばれないそうです。あるメーカーのシェアが高く、社名で呼ばれるそうです。

コピー機は目的に合わせて選ぶのがコツ
コピー機は目的に合わせて選ぶのがコツ

コピー機はヨーロッパではなんと呼ばれているか

宅配便をつい別の名称で言ってしまうことがあります。それはある宅配業者のサービス名で、他の会社でその名称を使うとそれはできませんと言われるかもしれません。注意しなければいけません。よく知られているのはステープラーです。ステープラーと聞いても何をするものか知らない人もいるでしょう。紙を金具で綴じ込む文房具で誰でも使ったことがあるものです。よく効く名称の方はあるメーカーの商品名です。それくらいそちらのメーカーのものが馴染みがあるのです。

コピー機といいますと日本では特別な印象はありません。いくつかのメーカーがあって、その中から選ぶようにしています。しかし、ヨーロッパにおいてはあるメーカーのシェアがダントツに高いそうです。そのことからその機械のことをそのメーカー名で呼ぶことがあるそうです。日本でも知られているメーカーですが、日本では競合する会社が多いからかヨーロッパ程浸透しているわけではありません。その商品名をメーカー名で呼ぶこともないでしょう。

コピーのコツはとにかく使うことです。そして分からない使用方法は聞いてしっかり覚えることです。もしFAX機能を使う場合には、送り先と送る面を間違えないよう気をつけましょう。コピー機は操作に慣れると、コピー機無しでは仕事が進まないほど便利な機械です。実際コピー機が壊れ3日間ほど使用できなかったときは、100通ほどの発送伝票を手書きで書き、どうしても印刷しなければならないものは1枚1枚ゆっくりとインクジェットプリンタで印刷していました。事務所にはパソコン・電話と同じくらい必須のアイテムです。

Copyright (C)2017コピー機は目的に合わせて選ぶのがコツ.All rights reserved.