最近のコピー機は機能が向上して便利になりましたが、その分、紙がつまってしまった時は大変です。

コピー機は目的に合わせて選ぶのがコツ
コピー機は目的に合わせて選ぶのがコツ

コピー機が詰まったときの格闘

最近のコピー機は機能が向上しています。私が会社員として入社した当時、25年ぐらい前の話ですが、コピー機はリースが主流ではなく買い入れるものでした。そして、たくさんコピーはできますが、ソーターの機能もなく、会議用の資料をそろえる時は、必要部数をページごとに印刷し、それを工場でお弁当を作るラインの流れ作業のように全ページをそろえ、ホチキスで止めていたものでした。

その分、紙が詰まった時の対応は簡単でした。よく紙は詰まりましたが、中の構造は至って簡単で、すぐに紙を取り出すことができ、自分で簡単に直すことができました。しかし、最近のコピー機は性能がよく機能がたくさんついた分、中の構造がとてつもなく複雑になってしまっています。紙が詰まってしまったら大変です。まずは、5個も6個もあるとびらからつまっている紙があるとびらをエラーランプなどから判別します。

事務作業の効率化を考えた結果生まれた機器ということもいえると思います。非常に頼りになる存在です。今やこの機械なしには仕事ができないといっても言い過ぎではないと思います。そのくらい重要な機械になっているのです。最近では紙資源のことを言われることも多いですが、ちゃんと管理した上で使用することでこれからも活躍の場はなくならないと思います。むしろ頼りになる存在であり続けると思うのです。そういう機械なのです。

Copyright (C)2017コピー機は目的に合わせて選ぶのがコツ.All rights reserved.