コピー機の最近機能を使って、経費削減を行ったニュースの内容について書きます。結果は3割削減できたそうです。

コピー機は目的に合わせて選ぶのがコツ
コピー機は目的に合わせて選ぶのがコツ

コピー機を使った経費削減について

少し前に見たニュースの内容を書きます。経費削減をするために、新規でコピー機を導入することにしました。そのコピー機は、本当に印刷する事が必要なのかを再確認するため機能があったのです。コピー機に印刷指示を書けます。そして、離れた場所にあるコピー機まで行きます。そこで、専用のカードをかざすとディスプレイに印刷する用紙の一覧が出てきますので、そこから印刷したい書類を選ぶのです。このようにすることで、必要のない分の書類を印刷しなくて良くなります。また、もし印刷が必要なくなった時や、間違えて印刷指示を掛けてしまった時などに印刷のキャンセルも出来ますので、経費削減に繋がります。

また、印刷した用紙の枚数がカウントされています。そして、個人である期間に印刷した枚数の管理もする事が出来るのです。印刷枚数が多すぎる社員については、上司から注意できます。また、自分が印刷した枚数が先月より減らせる事が出来たら、個人のやる気に繋がります。このように、経費削減が出来ているのかが目に見えて実感できます。このようにコピー機の機能を活用して、導入前よりもコピー枚数が3割ほど削減できたのだそうです。3割と言っても社員が多い会社では、大きな経費削減です。コピー機の電気代や用紙代が3割減らせるのは、会社にとっては大きな利益です。もし、経費削減を考えている会社があれば、このような機能があるコピー機の導入を考えてみるのも良いと思います。

Copyright (C)2017コピー機は目的に合わせて選ぶのがコツ.All rights reserved.