コピー機を選ぶとき、モノクロかカラーかがあります。オフィスではモノクロでも十分といえるでしょう。

コピー機は目的に合わせて選ぶのがコツ
コピー機は目的に合わせて選ぶのがコツ

コピー機の選択でモノクロかカラーか

自宅のプリンターはカラーが多いです。インクジェットタイプで比較的安価で買えるようになっています。オフィスにおいてはモノクロかカラーかで悩むことがあります。オフィスではレーザータイプを使うことが多く、カラーとモノクロでは価格が大きく異なります。また、ランニングコストも大きく異なります。わざわざカラーにする必要があるかが議論されるのです。社内の資料で使う分にはカラーの必要性は少なく、モノクロを選ぶケースが多いです。

コピー機を選ぶときにもモノクロかカラーかの違いがあります。コピーの目的は原本を複数部用意したりすることです。内容を確認できればいいので、必ずしもカラーでないといけないわけではありません。そのことからモノクロを選ぶケースが多くなります。とは言いながらカラーのニーズも多いです。カラーの書類をカラーでコピーしたいと思うこともあります。パソコンと接続して、プリンターとして使うならカラー機能が欲しい場合もあります。

もし購入するとすれば、どこまでの機能を求めるかです。まずはパソコンと接続してパソコンのプリンターとして使える機能があります。また、スキャニングデータをパソコンに保存する機能があります。通信機能を付属してFAXの送信、受信が行えるようにする場合もあります。1つにすれば場所は1つでいいですが、その分そこに処理が集中してしまうこともあります。必ずしも1つに集めればいいわけではないので、ケースによって判断が必要です。

Copyright (C)2017コピー機は目的に合わせて選ぶのがコツ.All rights reserved.