コピー機と別の機械の機能をつけた複合機があります。プリンター機能やスキャナー機能などがあります。

コピー機は目的に合わせて選ぶのがコツ
コピー機は目的に合わせて選ぶのがコツ

コピー機はどこまで使うものにするか

複合機と呼ばれるものがあります。1つの機能を持った別々の機械をくっつけて1つで複数台の機械の役割を持っているものです。プリンターといえば元々はプリンターの機能しかありませんでした。最近は複合機としてスキャナーと一体化したものが一般的になっています。プリンター単独の機能のものを探すほうが難しくなっています。もっと高度なものはFAX機能を搭載しているものもあります。通信の装置があればそれでFAXにもなりえます。

コピー機といいますとかつてはコピーのみをするものでした。オフィスにはコピーをするための機械、パソコンの資料を印刷する機械、FAXのデータを印刷する機械とそれぞれ別々の印刷する機械がありました。もしこれらが全てひとつになれば、場所も1つにできますし、保守も集約できます。効率的になると考えるでしょう。そしてメーカーの方も対応してくれるようになりました。1台ですべての機能を持たられる複合機も登場しています。

横に広いタイプなどはある程度はバラすことができます。それも考慮しますが、それでも入らないことがあります。インターネット等だと安く買えることもあります。中古なども安いです。でもそのようなところだと設置のところまでは考えてもらえていないかもしれません。メーカーであったり、事務器の卸業者などであれば気を遣ってくれますから、扉にきちんと入る機種を選ぶようにしてくれます。多分入るだろうでは困るのです。

Copyright (C)2017コピー機は目的に合わせて選ぶのがコツ.All rights reserved.