コピー機をオフィス内に搬入できなければ購入できなくなります。意外に大きな機械なので注意します。

コピー機は目的に合わせて選ぶのがコツ
コピー機は目的に合わせて選ぶのがコツ

コピー機はオフィス内に搬入できるかどうか

オフィスにキャビネットなどを運びこむことがあります。どこに置くかを決め、置ける場所も確定しました。それに合うサイズのものを注文したところ問題が発生しました。まずはオフィスの玄関に入らないことがわかりました。エレベーターにも乗りません。なんとかバラすことができるものだったので一旦バラしてから中で組み立てる事になりました。専門の業者が必要になるため別途コストがかかってしまいました。想定外の費用がかかってしまいました。

コピー機は非常に大きな機械です。大きさを調べてオフィスの空きスペースをチェックしたら置けることがわかりました。ではすぐに買うのを決めるかですが、その前にオフィスの扉を調べておきましょう。機械を運びこむだけの広さがあるかです。キャビネットは機械ではないのでばらして組み立てることが可能ですが、機械になるとバラすのにも限界があります。運びこむことができないから購入を断念しないといけないなども発生するのです。

一般的な日本の企業で勤めている分にはいいですが、海外資本特にヨーロッパの資本の会社で機械を導入するときにはヨーロッパで有名な企業のものを使うように指示されるかもしれません。その時にはぜひ日本のメーカーの物も売り込んで欲しいです。日本のメーカーも海外においては人気のあるメーカーです。日本人のみが使いやすいのではなく、世界の多くの人が使いやすいように作られています。

Copyright (C)2017コピー機は目的に合わせて選ぶのがコツ.All rights reserved.